子ども 病気 サイン

子ども 病気 サイン

子どもの発熱…受診すべき!?

 

 

子どもの具合が悪いとき

 赤ちゃんや乳幼児は、具合が悪くても、はっきりと言葉にしてうまく伝えることができません。でも、からだの不調があるときは、熱が出たり下痢をしたりと何かしらのサインがあるものです。
 ママはそのサインを見逃さないようにすることが大切です。熱や下痢の症状だけでなく、顔色やきげんはよいか、食欲はあるかなど、ふだんから子どもがいつもと違う様子はないかをよく観察しましょう。はじめのうちは苦労するかもしれませんが、慣れてくるとママの勘もするどくなってきます。

 

こんなときはよく観察を

・おっぱいやミルクを飲みたがらない。食欲がない。
・あやしても笑わない。ぐずってばかりいる。
・顔色が悪い。泣き方がいつもと違う。

 

 

 

「具合が悪い」のサインがあったら

 はじめのうちは、熱が出たりせきが出るだけでも心配になるものです。なかには、たいしたことがない症状でも救急車を呼んでしまうことも。

 

 一般的には多少熱があっても、きげんがよくて食欲もあるのであれば、心配しすぎることはないと考えられています。正しい知識を身につけて、緊急を要するかどうかは、ママとパパが子どもの様子から判断できるようになりましょう。

 

熱はあるけど、元気よく遊んでいるときは

 熱があっても、ふだんの様子と変わらず、食欲もあるようであれば、ほとんど心配いりません。外出は控えるなどして、様子をみましょう。

 

異常はないけど、ふだんと様子がちがって不機嫌

 外で遊ぶことは控えて様子をみましょう。食事は消化がよいものにして、食欲があるかを確認します。また、お風呂も長くならないように気をつけましょう。

 

発熱・下痢・せきなどの異常がある

 なんらかの異常があって、元気がないときは、診察時間内であれば病院を受診しましょう。診察が時間外の場合は、自宅で安静にして翌朝すぐに受診するようにします。

 

意識がはっきりしないなど明らかに様子が異常

 意識がはっきりなかったり、呼吸が苦しそう、水分を受け付けずにぐったりしているなど明らかに様子が異常なときは、すぐに病院へ。
 夜間であっても、病院に連絡のうえ大至急運ぶか救急車をよびましょう。ホームドクターがいる場合は、ホームドクターに連絡しましょう。

 

 

ママとパパは冷静に

 子どもを守るためにも、ママとパパは冷静に状況判断をしましょう。手元にひとつ育児書を準備しておくと安心です。 子どもの様子がいつもと違うと、はじめは冷静にはいられないかもしれません。でも、しだいに様子をみるべきか受診をすべきかはわかってくるようになるものです。

 

 

ダイエットに最適だと言われているものをご存知ですか?
もう無理に食事制限をしたり、辛い思いをして体に負担をかけるダイエットは終わりにしましょう!
こちらをチェック →ダイエットに最適なミドリムシナチュラルリッチ!

妊娠中のままのお助けサイトおすすめ

妊娠中に多い悩みが、妊娠線や妊娠線についてです。
そんな妊娠線や肉割れのなやみを分かりやすく説明しているサイトです。
おすすめの妊娠線・肉割れ予防サイト